item1

内容紹介

『齋藤さんちの猫問題』誕生秘話

コンウヘッド00ボナセラ〜! ケニーコウンヘッドです。

世間はこのところず〜っと「猫」ブーム。相も変わらず関連番組、書籍の多いこと多いこと、呆れます。

猫の本を出そうなんて思ってもみませんでした。わけあって、ボクは猫が嫌いですから。ただ、いつか猫マニアをギャフンと言わせてやろうとあれこれ考えていました。

ある時、ふと疑問がわいたんです。猫たち、本当に今の現状をよしとしているのか、と。

「んなわけない。イヤに決まってるだろ〜」いやニャンじゃよ_ページ_1
「オレらは流行りもんじゃね〜んだぜ」

猫の叫び声が聞こえました。

よし盲目的な猫っ可愛がりの飼い主たちに天誅をくだしてやろう。

飼い主に向かって猫が発する罵詈雑言。あれこれ考えました。しかし疲れますね、ヘイトスピーチって。あたくし根が優しい人間なので…

イメージ家族「あ〜ヤダヤダ」とため息をついたら、オードリー似の妻が「これ、あんたの実家みたいね」と机上のイラストを見てポツリ。
ボクの全身に電流が走りました。

そうか、あの忌々しい時代。老人と猫がやってきた、あの時代の話なのか〜。

『斎藤さんちの猫問題』の誕生です。

あらすじ

ある日、長男「とらむ」のスマホに妹の「よう」からメールが入ります。
「シオ爺が死んだよ…」
家を出て約20年。とらむの胸に去来する思い出の数々…。thW1−11ページ

20☓☓年☓月、某日。老いた旅人が齋藤家を訪れます。巡礼のようなその姿。そのかたわらには汚れた猫が… 

地方都市で長い年月ひとり暮らしをしていた老人。都会の片隅で気ままに暮らしてきた家族。
突然の出会い。

今始まる、老人とニューファミリーとの同居、猫の飼育。

現代社会が抱える闇を描いたそれは、緊迫感漂うサスペンスか、メルヘンチックなラブロマンスか、それとも情感たっぷthW1p35りな人情喜劇か。

それは宿命? それとも祟り?

猫の名前は「小僧」。
老人の愛称は「シオ爺」。
そして2男1女、5人家族の「斎藤さんち」。

身につまされる数々の逸話を通して<猫の飼い方><猫との関わり方>を学びます。

たぶん参考にならないでしょうが…
いえ、けっして<老人の飼い方>などではありません。

ハイライト

thWP1

小僧とシオ爺

thTSBeatles1

item8

齋藤さんち

フキダシ中

シャドー

猫問題

フキダシ右

ページをちら見

Meet The Members

thth

小僧

thth5x6

シオ爺(うしお)

thth1

うきち

thth2

きのみ

thth3

とらむ

thth4

たつき

thth5

よう

th0107

and YOU

購 入

576円(税込)

item13

kindle デジタルBook

item14
Kindle(本体)がなくても
無料のスマホアプリで簡単に読めます。
アプリの入手は以下から…

オンデマンド印刷版

相談

ご希望があれば実費で承ります。
仕上がりタイプに応じて見積もり作成。

団塊世代へのプレゼントに!

スタッフ

item16作画 /ワカバヤシチカ Chika Wakabayashi facebook1

ミュージシャン、ブリーダー、寄席のスタッフなどを経験し、ペットとサブカルに精通。猫好き。著書『おしゃべりなからだ』

KENNY4シナリオ / ケニー コウンヘッド Kenny Counhead  facebook8

実際の苗字はもちろん齋藤。出版社勤務を経て株式会社ガンザオーリ設立。ボールボーイネット運営中。世界30カ国の取材経験あり。猫嫌い。

item19背景/リーマン Reaman

米国の大学でインテリアデザイン、専門学校でプログラミングを学ぶ。現在はエクステリアデザインを手がけている。猫好き。

th2

②の発行は
8月末の予定

to TOP